名取市の整体は「つちや整骨院」へ

脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • しばらく歩いていると、足にしびれや痛み、冷たさなどを感じて歩けなくなる
  • トイレで小さい方が近く、キレも悪くなってきている
  • どこにいっても同じ……とあきらめている方
  • 一生脊柱管狭窄症と付き合っていくしかないと思っている
  • 手術をしたが、結局また痛みが出てきて繰り返しになっている
  • 座っているのも腰がつらいが、家事で立っていることもつらい
  • 自転車は痛くならないので乗れるが、歩くのは辛い。このままでは将来が不安
  • 脊柱管狭窄症で整形や整骨院に3ヶ月以上通っているが、効果が感じらない
  • 整形外科で脊柱管狭窄症と言われたが治療法がない

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

医療関係者や専門家が 当院の技術を絶賛!

 

注目!院長は全国の治療家に 技術指導しています

 

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です!/

 

「信頼して自分の身体を任せて本当によかったです」

脊柱管狭窄症

病院の整形外科で脊柱管狭窄症と言われ、飲み薬を飲んで様子を見ていました。 座った状態から立つときの痛みや、腰から右の足先までのしびれの症状はまったく変わらず、長時間立っていたり、歩いたりするとしびれてしまい、足に力が入らなくなって、このまま治らなかったらどうしようかと悩んでいました。


施術から1か月ちょっとで、嘘のようにすっかり良くなりました。

先生からは「まだ治っていませんから治療は続けないと駄目ですよ」と言われましたが、「もう治った」「もう治療しなくても大丈夫」だと思っていました。

しかし、ある日畑仕事の後にあのつらい症状に再び襲われました。

それから2か月間かかりましたが、以前のように1時間歩けるようになりました。

先生の言った通り、まだ治ってなかったんですね。

これからは1万歩歩けるように自分の身体を戻していきたいです。

信頼して自分の身体を任せて本当によかったです。これからも定期的にメンテナンスしてもらいます。

(山司 博 様)

※効果には個人差があります

「スタスタ歩けるようになりました」

当時の部活で使いすぎたからなのか、社会人になってからひどい腰痛に悩まされていまして、歩いていても
すぐに痛みで歩けなくなってしまい、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されました。医者からは手術した方がいいねと言われたのですが、抵抗がありそんな時につちや整骨院のHPを見つけわらをもすがる思いで治療に行ってみました。治療の説明をしっかりしていただき安心して治療に専念できました。
半年で長年苦しんだ症状から解放され手術をしないで済みました。これからも定期的にメンテナンスをして
行きたいと思います。

(今野圭介 さん)

※効果には個人差があります

「病院では良くならなかったのに、こちらで3か月で良くなりました」

総合病院の整形外科でMRIの検査をして脊柱管狭窄症の診断を受けました。血行を良くする薬を処方されましたが、腰から右の足先までのしびれの症状は変わらず、長時間立っていたり長時間歩くとしびれてしまい、足に力が入らなくなっていました。
つちや整骨院さんにはバドミントンをしている息子が通っていたのでお世話になりました。施術から3か月間であのつらかった症状がほとんど消えました。この症状は長時間かけて作られたものだから、改善に時間がかかると説明をうけていたのですが、思っていたよりも早く症状が楽になって本当によかったです。

(笹川 幸雄 様)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも脊柱管狭窄症が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

9e69697d771947594712787e2d5e2d3e-e1479987027939

あなたの脊柱管狭窄症はなぜよくならなかったのか?

あなたは今まで多くの病院や治療院で治療を受けてきたことでしょう。ご自分でもたくさんのことを試してきたのかもしれません。

しかしながら、あなたのつらい症状は今も改善していないから、当院のホームページをご覧になられていると思います。

それではなぜあなたの症状は改善してないのでしょうか?

脊柱管狭窄症の症状はとってもつらいのですが、生命にかかわるような緊急性の高い疾患ではないため「年だから仕方がない」と軽くみられてしまいがちです。そのため、まずは対症療法で済ませてしまうことが一般的な対応なのです。

一般的にはコルセットでの固定、マッサージや電気治療、温める、シップを張るといったところでしょうか。激しい症状の場合は鎮痛薬やブロック注射等の処置を行うかもしれません。

しかしながらこれらの処置では一時的には痛みを和らげることはできるかもしれませんが、脊柱管狭窄症自体を改善することはできません。そして最終的には手術の適応になるかもしれません。

これらは全て脊柱管狭窄症の原因にアプローチしているのではなく、目の前の痛みにだけにしかアプローチできていない対症療法だからです。

もしかしてあなたはご自分の脊柱管狭窄症を根本的に改善する選択肢は手術しかないと考えているかもしれません。実際に病院でそのような説明を受けた方もいらっしゃいます。

もしも脊柱管狭窄症が手術しなくても良くなるとしたらどうですか?これより先は脊柱管狭窄症でお悩みのあなたにぜひとも読んでいただきたい内容です。

手術はしたくないし、何とか手術をしないで済む方法を探している方はこのままお読みください。

脊柱管狭窄症が良くならない理由

  • 施術者側の技術不足

脊柱管狭窄症の改善するアプローチは、高い技術と高度な知識を必要とする難易度が高く、その対処方法は症状の経過や発症後の年数によってすべて違います。

脊柱管狭窄症の発症には日常の動作が大きく関与しています。

つまり、「歩く」「立つ」「座る」といった基本的な動作が正しくできなくなると、脊柱管の中に不必要な負担がかかり、その負担が長期にわたって繰り返し加わり続けることによりトンネル内部の組織が厚くなります。これにより徐々に脊柱管内が狭くなっていきます。

繰り返しの負担で厚くなってしまった組織でも脊柱管内部の負担がかからなくなれば、時間をかけて徐々に修復されていきます。

ただ、そのためには正確な動作や正常な歩行が再びできるようにならなければいけません。

これには高い技術と高度な知識が必須ですが、マッサージや電気療法、手術のような対症療法とは大きく異なる分野のため、このような技術や知識に習熟している施術者は非常に少ないのが現状です。

このように施術者側が知識、経験不足の状態であれば、発症までのメカニズムも改善に導くための術も理解できていませんので、回復に至らないのは当然のことです。

 

  • 対症療法を漫然と続けている

対症療法とは現在の症状に対して、とりあえず何かをしておこうという考え方です。

この考え方の反対が根本的な解決法となります。

施術者側の考え方として「すぐには良くならない」「この症例は難しいからよくわからない」「そもそも治せる自信がない」と捉えてしまっているのであれば、正確なアプローチができないわけですから、結果的に対症療法だけの対処となってしまいます。

因みに対症療法の中には根本的な解決につながらないばかりでなく、回復の妨げになるものもあります。

  • 飲み薬、シップでは動作の回復につながらない
  • ストレッチは動作の回復に関与しないことが多い
  • コルセットの使い方を誤ると骨盤の動きを過剰に制限しすぎてしまう
  • 飲み薬、シップでは動作の回復につながらない
  • コルセットの使い方を誤ると骨盤の動きを過剰に制限しすぎてしまう
  • 腰の牽引は正常な組織・動作の回復を鈍くしてしまう

無理な骨盤矯正は関節本来の働きが失われ、正常な回復の過程から逸れてしみます。これらのように一般的に多く行われている対症療法ですが、根本的な解決の妨げとなることもあります。

これは脊柱管狭窄症に限ったことではないですが、根本的な問題と向き合わず、その場の変化のみにだけ対処していては逆に治癒は遠ざかっていきます。

 

  • 症状が良くなるまで待てない

脊柱管の修復はすぐには始まりません。脊柱管狭窄症は脊柱管内部に繰り返し過剰な力がかかり続け、長い期間をかけて変化したものです。

過剰な力がかかり続けてしまった原因は、誤った身体の使い方にありますから、正しい身体の使い方を取り戻して続けていけば、狭くなった脊椎管内部の組織も自然治癒力によって少しずつ修復されていきます。

しかし、長い時間をかけて悪くなったものは良くなるのにも時間がかかります。

脊柱管狭窄症の回復には

正常な動作の回復 → 組織の修復

この二つの段階をふまなければなりません。

まずは背骨の基本的な動作である「曲げる」「伸ばす」「ひねる」といった動きを取り戻されると回復できる環境が整い、組織の修復が始まっていきます。

この二つの段階まで経過するには早い方でも3か月から6か月ほどかかります。

痛みに耐えられないくらい激しい症状の方は、この3か月間はとても長く感じてしまい、根本改善に取り組む気持ちをそぎ、いつまでもつらい症状を改善することができない悪循環に陥ってしまいます。

 

 

症状についての説明 

034-2

  • 長時間は歩けないが、少し休めばまた歩ける(間欠性跛行)
  • 前かがみの姿勢になると楽

脊柱管狭窄症の自覚症状はこの二点です。

脊柱管狭窄症とは背骨の中の神経を通すためのトンネルが狭くなり、神経が触れることにより痛みやしびれが生じてしまう疾患です。

しばらく歩いていると足に痛みやしびれが出現し、少し休むとまた歩けるようになる

“間欠性跛行”という症状が特徴的です。

特徴

歩き始めて少しすると、徐々に足が痛くなったり重くなったりしてしびれが出ることで歩けなくなります。

その際、腰を前かがみにしてしばらく休むと再び歩けるようになりますが、歩いては痛くなりまた休むを繰り返すことが特徴です。

どのくらいで歩けなくなるかは、脊柱管狭窄症のタイプや悪くなってからの経過によって個人差があります。

目安としては20分以上歩くことができなければ症状が重いものとお考え下さい。

脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症はどこの神経が圧迫されているかにより3つに分類されます。

1.神経根型

 脊髄から枝分かれする神経の根元の部分が圧迫されるタイプで、多くは左右のどちらか 

 の足に痛みやしびれが出現します。時に両側に症状が現れることもあります。

2.馬尾型

 馬尾神経という神経の束が圧迫されるタイプです。

 神経の束なので多くの神経が影響を受け、痛みやしびれの他に足の筋力低下、感覚異常、

 膀胱や直腸への神経障害による排尿・排便障害が起こることもあります。

3.混合型

 神経根と馬尾の混合型です。

 症状としては馬尾型よりも重く、両方の症状が出ることがあります。

 

 

原因

30134676139ffe89f8834fe295c13b3c-e1471912865102

世間一般的には脊柱管が狭くなる原因は老化によるものとされています。

しかし、もしそうだとしたら老化したすべての方に脊柱管狭窄症の症状が出ているはずです。

腰が曲がっている方でも症状が出ていない方がいるということは、脊柱管狭窄症は老化だけが原因ではないことの根拠となります。

ですから、年のせいだと思ってあきらめていた方は大丈夫です。希望を持ってください。

 

 

当院での改善法

骨盤周りの施術 (5)

脊柱管狭窄症の発症に至った道筋を逆にたどっていくことが唯一の改善法です。

改善のための3STEPを順に説明していきます。

 Step1:症状の原因を特定し、すべて取り払います。

 Step2:関節の動きを改善し、本来皆さんがもっていた動作や歩行ができるように身体の

     働きを取り戻します。

Step3:動作や歩行が改善してくると、狭くなっていた脊柱管を修復する準備が整います。

    さらに修復が促進するために必要な運動や施術をおこないます。

脊柱管狭窄症の痛みは耐え難いくらいつらいものですが、症状を改善していくには痛みだけに焦点を当て、それを取り除くことが最善とは限りません。

ヒトには治癒力という回復力が備わっていますが、良かれと思ってやったことがマイナスに働いてしまい、自ら悪くしてしまっていることで」本来働くべき治癒力が十分に働いていない・・ということが実は多いのです。

それゆえ、当院の3STEPは症状を回復するためのポイントをしっかりおさえたものになっています。あなたのつらい症状が本質的に落ち着くまでには早くて3か月、平均して6か月と時間がかかります。

長期間にわたって動作や歩行等の基本的な動作が悪い方は、改善に時間がかかるため落ち着くまで1年近くかかることもあります。

なぜならこの症状の本質的な原因は、基本的な動作ができなくなったことによって脊柱管内部が変性してしまったからです。簡単に言えば、使わない身体の働きに合わせて身体は変形するということです。

よって、原因を取りはらい、機能を回復し、修復を促す。という3STEPは欠かせないのです。

脊柱管狭窄症の症状を改善するために必要なことは、目先のつらさに負けないであきらめないことです。勇気を出してこの一歩を踏み出してもらえれば、私たちがその勇気を受け止めます。

私たちと一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 初回限定キャンペーン

11月22日までに
\ご予約の方に限り/

 

プレミアム整体コース

 

初回 1,980円
(通常 1回 7,150円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

さらに!

電気治療+ウォーターベット
が無料サービス中!

 

tel:022381007424時間受付・予約フォーム MAP

 

 

 

なぜ、初回1980円なの?

 

骨盤周りの施術 (5)

実際のところ、一度施術を受けただけで、「ここに通ってみよう」と決めたり、「任せてみよう」と決断することも難しい場合もあります。

そこで、当院ではお試しキャンペーンとして初回1,980円で試していただこうと思いました。
これでしたら、あなたにあった施術かどうか、費用の負担を気にせず十分に試せると思います。

あなたがつらい時、困った時に任せられるかどうかご判断ください。

 

 

本物の技術・違いを
実感して頂きたい

 

肩の施術

当院では、整骨院でよく行われている、保険で5分間マッサージするだけの施術や短時間の矯正などは行っておりません。

なぜなら、1回の料金が安く感じても、短い時間の施術で根本改善に導くのが難しいからです。

結局、治らなければお金や労力、通っていた時間も全て無駄となります。

ひょっとすると、当院の施術は保険と比べたら高く感じるのかも知れません。しかし、それはじっくり時間をかけて、高い技術を使って根本改善へと導くためです。

ずっとつらい痛みで悩んでいる方、他院で良くならなかった方は是非一度ご相談ください。

 

 

他院とはどこが違う?

↓

つ ち や 整 骨 院 の
7つの特徴 /

 

1. 初回約30分のカウンセリング&検査で徹底的に原因を特定

カウンセリング (6)

痛みの本当の原因を特定する事が根本改善への近道です。しっかりお話もお伺いして、原因を特定します。

 

 

2. バキバキしない、ソフトで優しい整体

骨盤周りの施術 (5)

お子様からご年配の方まで安心して受けて頂ける、お身体に優しい整体です。

 

 

3. のべ7万人が感動!国家資格を持つベテラン治療家が施術

施術スタッフ集合写真 (2)

施術歴20年の院長をはじめ、ベテランの治療家が豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4. 再発予防も万全!アフターフォローが充実

お見送り

更なる施術効果のアップ&再発予防のため、日常生活での姿勢や座り方などセルフケア指導に注力。お手紙などもお渡ししております。

 

 

5. 書籍でも紹介される名取市で指折りの整骨院です

書籍症状改善の技術が評判で、書籍でも優良治療院として認定されました。

 

 

6. 症状改善のほか、様々な効果が期待できます

imasia_360492_M-e1474370326686骨盤をはじめ全体を整える施術だから、「美しい姿勢に」「身体のパフォーマンスアップ」「痩せやすい身体に」「代謝UP」など様々な効果が!

 

 

7. 駐車場7台完備。市外からも多数来院されます

外観 (4)

名取市内のみならず、仙台市や岩沼市からも多数ご来院頂く、宮城県で有名な整骨院です。

 

 

 全国の有名整骨院が 当院を推薦しています

 

 初回限定キャンペーン

11月22日までに
\ご予約の方に限り/

 

プレミアム整体コース

 

初回 1,980円
(通常 1回 7,150円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

さらに!

電気治療+ウォーターベット
が無料サービス中!

 

tel:022381007424時間受付・予約フォーム MAP

 

脊柱管狭窄症 のブログ記事一覧

名取市の整体なら「つちや整骨院」へ PAGETOP